創造的課題解決法

フューチャーマッピングっていったい何?求められる背景や活用シーンを徹底解説


未来から現在に流れる波を描き、未来と現実のギャップを埋めるように発想を広げていく思考法「フューチャーマッピング」。近年フューチャーマッピングは、今までの能力開発モデルや目標達成メソッドなどの常識を覆す画期的な方法として注目を浴びています。

しかし、中には「実際にどんなことをするのか」「どんな場面で活用できるのか」など、全貌が良くわからないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、目標を実現するために効果的な方法「フューチャーマッピング」が昨今注目される理由や具体的なメソッド、活用シーンを詳しくご紹介していきます。

・なぜ今フューチャーマッピングが注目されるのか
・フューチャーマッピングのメソッド
・フューチャーマッピングの活用シーン
・まとめ

なぜ今フューチャーマッピングが注目されるのか


フューチャーマッピングは、自分の才能を見極めるプロセスでもあります。この理論は、ハーバード大学のロバート・キーガン教授が提唱した方法論である「免疫マップ」の理論と共通するところが多々あります。さらに、物語を創作しながらソリューションを生み出すまでのプロセスという点においては、MITのオットー・シャーマー濱瀬によってパターン化された「U理論(未来を出現させるプロセス)」と共通しています。

もともと、こうした理論は複雑な課題に効果的に対応できるリーダーを育成するための研究の一環として行われてきました。このように聞くと、やや難しくハードルが高い理論のように感じますが、フューチャーマッピングは、どちらも一枚のチャートで再現することができるのが特長。そのうえ、物語を創りながら解決に向かう行動シナリオを導きだしていくため、楽しみながら結果を出すことができます。
ではなぜ、今「フューチャーマッピング」がこれほどまでに注目を浴びるのでしょうか。

実は、先述したハーバード大学の教授によるある研究によれば、多くのビジネスパーソンは、過去の体験や価値観に基づいてしか解決策を組み立てることができないとされています。しかし、市場環境は日々変化していくもの。目まぐるしいスピードで情報がアップデートされていく現代社会においては、過去の体験の延長線上にある決定にはもはや価値はありません。今を生きる私たちには、そうした過去の成功を超越し、「いかに、新しい環境に適応・変化できるかどうか(自己変容型知性)」が求められているのです。

ちなみに、一般的な問題解決の方法には

・テクニカル(技術的)な問題解決
・アダプティブ(適応的)な問題解決

の2種類があるとされています。

テクニカルな問題解決方法は、即効性がある一方、一時的な対処療法で終わる可能性も高く、根本的な解決に至らない場合も少なくありません。しかし、アダプティブな問題解決方法では、環境の変化に適応するように自らの内面を変化させていくといった、より根本的な部分にアプローチを行います。

このようにみると、まさに「フューチャーマッピング」はアダプティブな問題解決方法であり、自己変容型の知性を育てるために最適な方法であると言えます。フューチャーマッピングは、物語形式を採用しているため、主人公が自身を深く見つめることができるようになるほか、今までの自分では思いつかなかったような方法で過去の自分を超越していくといった、変容を促す力もあるのです。


フューチャーマッピングは、「一枚のチャートを描きながら物語を創作するスタイル」を取っているのが特長です。

具体的には、まず「課題とは一見関係ないようなストーリー」を描くところからスタートします。
ここでは、問題を過去からの延長で解決しようとする思考を切り離すのがポイントです。このときの物語の主人公は、自分が幸せにしたいと思う具体的なひとりをイメージ。そして、その主人公が120%幸せになれるようなストーリーを創っていきます。

物語の主人公と聞くと「自分とは全く関係がない」と思うかもしれませんが、実は、この第三者の主人公は自分の内面を映し出す鏡です。時間の経過とともに幸せへと近づいていく物語を描くことで、必然的に自らが満たされるハッピーな結末を導き出すことができます。

フューチャーマッピングでは物語を作って終わり、ではありません。物語が完成したら、次のステップでは、そこから得られた教訓やヒントを、現実的な問題解決に活かしていきます。物語という抽象度の高い領域で「目の前の課題」を考えることで、狭い認識の世界を飛び出すことができるほか、さまざまな視点を経験したり、認識の変化が起きたりするのもフューチャーマッピングの面白いところです。

これまでは「できない」と思っていたことが「できるかもしれない」という認識に変わったとき、行動へのモチベーションもグッとアップします。その中で得られた広い認識をもって、再び現実の領域に戻ることで、より効果的かつ確実に課題を解決することができるようになるというわけです。

つまり、この「フューチャーマッピング」のアプローチ方法は、眠っているときに見た夢から、創造的な発見や発明をする科学者たちの思考法をそのままチャート化したものと言えます。

<h2>フューチャーマッピングの活用シーン</h2>
このように、一枚のチャートを描くことで目標達成や課題解決に効果的な道筋が描ける「フューチャーマッピング」ですが、具体的にはどのようなシーンで活用されているのでしょうか。

フューチャーマッピングは、多くの企業やビジネスシーンで取り入れられている思考法というイメージを持つ方も少なくありません。しかし、その効果は教育現場でも存分に発揮させることが可能です。

たとえば、学校においては教員が自らの仕事をより充実させるツールとして、「優れた授業デザイン」や「学級運営の計画づくり」にあたってフューチャーマッピングを活用してきました。そうするうちに、生徒自らに考えさせるための教育ツールやキャリア教育の一環として、「フューチャーマッピング」を活用する中学校、高等学校が次第に増加。なかには、大学受験の面談の準備のひとつとして活用することで、推薦合格者が増加したという高等学校もあったそうです。

このように、フューチャーマッピングは、ビジネスシーンのみならず、教育現場の課題を解決するためのひとつの大きな手法としても注目されています。「動機づけ」や「行動変容」といった理論をはるかに飛び越え、チャートに関わった人の行動を直接的に変容させ、行動をプラス思考に変えていけるメソッドは、フューチャーマッピング以外に存在しないといっても過言ではないでしょう。

<h2>まとめ</h2>
今回の記事では、目標を実現するために効果的な方法「フューチャーマッピング」が昨今注目される理由や具体的なメソッド、活用シーンについて詳しくご紹介していきました。

フューチャーマッピングで物語を創作するためには、クリエイティブかつロジカルな思考が求められます。一見すると難しく感じるかもしれませんが、こうした高度な思考技術を訓練することで、これからのビジネスシーンでも柔軟に活用することができます。

こうしたフューチャーマッピングが求められている背景には、目に見えるものを作ることに価値があった時代から、目に見えないものが価値を生む時代に移り変わりつつあることも、大いに関係していると言えるでしょう。フューチャーマッピングを通して、クリエイティブな知性とロジカルな知性の両方を育むことで、組織の分裂を防ぎ、違いを包み込むようなリーダーシップを身につけられる、というメリットもあります。

ビジネスで思うような解決策が見いだせない方、教育現場で新たな思考法を取り入れたい方など、ぜひこの機会にフューチャーマッピングをお試ししてみてはいかがでしょうか。




 

フューチャーマッピングのメソッド

フューチャーマッピングは、「一枚のチャートを描きながら物語を創作するスタイル」を取っているのが特長です。

具体的には、まず「課題とは一見関係ないようなストーリー」を描くところからスタートします。
ここでは、問題を過去からの延長で解決しようとする思考を切り離すのがポイントです。このときの物語の主人公は、自分が幸せにしたいと思う具体的なひとりをイメージ。そして、その主人公が120%幸せになれるようなストーリーを創っていきます。

物語の主人公と聞くと「自分とは全く関係がない」と思うかもしれませんが、実は、この第三者の主人公は自分の内面を映し出す鏡です。時間の経過とともに幸せへと近づいていく物語を描くことで、必然的に自らが満たされるハッピーな結末を導き出すことができます。

フューチャーマッピングでは物語を作って終わり、ではありません。物語が完成したら、次のステップでは、そこから得られた教訓やヒントを、現実的な問題解決に活かしていきます。物語という抽象度の高い領域で「目の前の課題」を考えることで、狭い認識の世界を飛び出すことができるほか、さまざまな視点を経験したり、認識の変化が起きたりするのもフューチャーマッピングの面白いところです。

これまでは「できない」と思っていたことが「できるかもしれない」という認識に変わったとき、行動へのモチベーションもグッとアップします。その中で得られた広い認識をもって、再び現実の領域に戻ることで、より効果的かつ確実に課題を解決することができるようになるというわけです。

つまり、この「フューチャーマッピング」のアプローチ方法は、眠っているときに見た夢から、創造的な発見や発明をする科学者たちの思考法をそのままチャート化したものと言えます。



フューチャーマッピングの活用シーン

このように、一枚のチャートを描くことで目標達成や課題解決に効果的な道筋が描ける「フューチャーマッピング」ですが、具体的にはどのようなシーンで活用されているのでしょうか。

フューチャーマッピングは、多くの企業やビジネスシーンで取り入れられている思考法というイメージを持つ方も少なくありません。しかし、その効果は教育現場でも存分に発揮させることが可能です。

たとえば、学校においては教員が自らの仕事をより充実させるツールとして、「優れた授業デザイン」や「学級運営の計画づくり」にあたってフューチャーマッピングを活用してきました。そうするうちに、生徒自らに考えさせるための教育ツールやキャリア教育の一環として、「フューチャーマッピング」を活用する中学校、高等学校が次第に増加。なかには、大学受験の面談の準備のひとつとして活用することで、推薦合格者が増加したという高等学校もあったそうです。

このように、フューチャーマッピングは、ビジネスシーンのみならず、教育現場の課題を解決するためのひとつの大きな手法としても注目されています。「動機づけ」や「行動変容」といった理論をはるかに飛び越え、チャートに関わった人の行動を直接的に変容させ、行動をプラス思考に変えていけるメソッドは、フューチャーマッピング以外に存在しないといっても過言ではないでしょう。


まとめ

今回の記事では、目標を実現するために効果的な方法「フューチャーマッピング」が昨今注目される理由や具体的なメソッド、活用シーンについて詳しくご紹介していきました。

フューチャーマッピングで物語を創作するためには、クリエイティブかつロジカルな思考が求められます。一見すると難しく感じるかもしれませんが、こうした高度な思考技術を訓練することで、これからのビジネスシーンでも柔軟に活用することができます。

こうしたフューチャーマッピングが求められている背景には、目に見えるものを作ることに価値があった時代から、目に見えないものが価値を生む時代に移り変わりつつあることも、大いに関係していると言えるでしょう。フューチャーマッピングを通して、クリエイティブな知性とロジカルな知性の両方を育むことで、組織の分裂を防ぎ、違いを包み込むようなリーダーシップを身につけられる、というメリットもあります。

ビジネスで思うような解決策が見いだせない方、教育現場で新たな思考法を取り入れたい方など、ぜひこの機会にフューチャーマッピングをお試ししてみてはいかがでしょうか。

ベース講座

SEMINAR

ベース講座を無料で受講

  

生産性の高い1週間が計画できる

  

ゴールを設定する逆算思考を体験できる

  

動画を見ながら手を動かすことでアウトプットができる

  

最新のフューチャーマッピングのエッセンスが21分で受講できる

  

無料でどなたでも受講できる