Skip to content

あなたは「ありのまま」を見ていますか?

2021年1月26日(火)に
著者の神田房枝さんをお迎えして
知覚力を磨く――絵画を観察するように世界を見る技法
のエキスパートカフェ が開催されました。

この本の86ページに、
あなたの知覚力を試す簡単な問いがあり、
ファシリテーターの木村祥子さんの計らいで
読書会で本を読む前に、
参加者でみんなで、こちらにトライしました!


ーーーーー

人間の胸部CT画像です。
ここには「1つの異常」があるのですが、
それはどの部分かおわかりでしょうか?

しばらく観察してみてください。
(質問のCT画像が見たい方は、こちらを参照ください)

ーーーーー

あなたは見つけられましたか?

この異常な箇所を
最後まで見つけられなかった人もいたようですね。

このテストに対し、
神田房枝さんから
このようなお話がありました。

ーーーーー

現代人は検索モードに毒されていて、
ありのままを見るのが難しくなっています。

1日に何回、スマホで検索し、
情報を調べているでしょうか?
溢れる情報の中から
「あらかじめ自分に必要な情報」だけを
読み取る機会が多くなっていませんか?

検索することは、
期待しているものは見つかりますが、
他の情報を排他しています
「純粋による観察する」のではなく、
「期待したもの」しか見ようとしていません。

見ることに対し、先入観が強化されると、
人の注意力は低下し、新しい変化を見逃しやすくなります。

全体を見ることをやっていない。
全体を見る、部分を見る、
それぞれスイッチすることが大切です。

ーーーーー

神田さんが推奨する、
「絵画観察トレーニング」では
「純粋に観察する」ために
3つのことを心掛けているそうです。

・時間を掛けて見る。(5分以上)
・集中して見る
・あなたのバイアスを取り除く
(今までの自分が持ちっている知識を置いて見る)

時間を置いてから、もう一度見ると
以前見落としていたものに、
気がつくこともあるそうですよ。

 

CT画像の異常な箇所を
見つけられた人も、見つけられなかった人も
更に知覚力を伸ばすために
「絵画観察トレーニング」をしてみましょう!